『Kiitos.』vol.19にて”子午流注”について院長:尹生花が取材されました

「子午流注(しごるちゅう)」で身体を健やかに整える。

『Kiitos.』vol.19にて、子午流注についてBHY院長:尹生花が取材されました。

 

「中国最古の医学書には、はるか2千年前からすでに人間のリズムと自然のリズムが深く関係していることが記されていました。それが「子午流注」です。子午流注は中国伝統医学で言う”養生時計”。養生をするための1日の時間割のようなものです」

 

という、「子午流注」に関する説明を、各時間帯に盛んになる経絡と臓器(五臓六腑)が当てはめられた「子午流注図」と共にお伝えしています。

 

子午流注を実践したい方への簡易説明つき。詳細は誌面をご覧ください。

 

≫臓活を手軽に実践する「臓活茶」はこちらよりお試しいただけます