『からだにいいこと』2020年5月号に「臓活」が紹介されました

ワキの”気”の滞り解消で肝のパワーはアップする

『からだにいいこと』2020年5月号に「臓活」が紹介されました

『からだにいいこと』2020年5月号に、院長:尹生花がコメントを寄せた「臓活」に関するコラムが紹介されました。

 

「お腹のくびれがない人は、”肝”が弱っているのかもしれません」

「肝は、生命力の素”気”を全身に巡らせます。しかし、肝が弱ると気が停滞。気に伴って動く”血・水”も流れなくなり、全身の巡りが低下。すると、どんどん太りやすい体に」

「肝が強いストレスを受けると気血が滞り、情緒不安定に。春は肝の気が活性化する季節。”邪気”が溜まるワキをたたいて停滞した気を流して。お腹ヤセのスイッチが入りますよ!」

 

のように、東洋医学の肝にまつわる特徴から取り組みやすい臓活法までご紹介しています。

「臓活」の基礎を知りたい方はぜひご覧ください。

 

「臓活」に関連するサービス

≫「みんなの臓活」特別講座

≫尹生花:2冊目の書籍『みんなの臓活』

≫「臓活茶・臓美茶」

≫肝ヒーリングコース

 

関連記事

『Marisol』2020年4月号に「臓活」が紹介されました