冷たい手足がぽかぽかに!自宅でもできる簡単冷えケア方法とは?

手足が冷えて寝つけない…

秋から冬にかけて特に気になり始める「冷え」。

もともと「冷え性」の方も、そうでない方も

「最近、手足が冷えて寝つきが悪い」
「どれだけ湯船に浸かっても、身体があたたまらない」

と、感じることはありませんか?

今回はそんな「冷え」の解消をテーマに、すぐに始められるケア方法をご紹介します。

「そこまで冷えを感じていないから大丈夫!」とお考えの方も、予防のためにぜひチェックしてみてくださいね。

 

今日からできる!効果的な2つの「冷え」対策とは?

1.食生活を工夫する

「冷え」対策の1つめは、身体をあたためる作用のある食べ物を摂ることです。

選び方としては、「寒い時期にとれるもの」や「根菜」を基準にするとよいでしょう。
例)小松菜、みかん、にんじん、ごぼう など

これらの食材を意識的に摂ることにより、身体を内側からあたためる効果が期待できます。

 

2.適度な運動をする

2つめは、適度な運動をすることです。
運動は美容と健康の基本と言われますが、毎日仕事や家事に追われて「ジムに通えるほどの余裕がない…」という方も多いと思います。

そこで試していただきたいのが、”いつもより少しだけ多く歩く”という方法です。

例えば、会社やショッピングセンターなどで上の階に行きたい時は、エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使うよう心がけてみてください。

たったこれだけのことでも、回数を重ねれば立派な運動に!

ご自身のできる範囲で、無理なく続けていくことが大切です。


適度に身体を動かして筋肉をあたためることで、常に全身が”冷えにくい”状態に保ちましょう!

 

それでも改善が見られない時は、BHYの「デト・ユニフィエ」がオススメ!

食生活の見直しや運動をしてみても、なかなか改善されないガンコな「冷え」は、BHYにご相談ください。

BHYでは、「冷え」の解消方法として「デト・ユニフィエ」というコースをご用意しています。

「デト・ユニフィエ」とは、当サロンが独自で開発した、デトックス効果の高い施術方法。

身体に潜む老廃物を取り出すことで血の巡りが良くなるため、「冷え」の改善が期待できます。


中でもオススメなのが、腎臓と膀胱の経絡に沿っておこなう「腎経・膀胱経のデト・ユニフィエ」です!


なぜ腎臓や膀胱への施術が「冷え」に効果的なのかというと、腎臓には《温煦作用(おんくさよう)》と呼ばれる、身体を温める働きがあるから。

さらに、東洋医学の中で「腎臓」と深い関わりがあるとされている「膀胱」も一緒にケアをすることで、より大きな効果を得られるのです。

「デト・ユニフィエ」は即効性があるため、施術をおこなっている最中に、お客様から「手足がポカポカしてきた!」という声をいただいたこともあります。

長年「冷え」悩まされてきた方でも、受けてすぐに効果が実感できる「デト・ユニフィエ」。

気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

「デト・ユニフィエ」の詳細はこちら