『otonaMUSE』2020年8月号に「臓活」について掲載されました

腎をいたわる生活習慣こそが、健やかな膣環境に

『otonaMUSE』2020年8月号に「臓活」に関するBHY院長:尹の話しが掲載されました。

 

「東洋医学ではからだの各部位も、心も自然も全てがつながっていると捉えています。その中でも生命の素といわれている『腎』は、生きるために必要なエネルギーを溜める場所であり、成長や発育、生殖といった人間の根本的な活動に必要な精(エネルギー)を維持する働きがあります」

など、五臓の『腎』に焦点をあてた美容・健康とのつながりについてお話ししています。

 

『otonaMUSE』でご紹介いただいたアイテムの詳細はこちらをご参照ください

≫臓美茶

≫みんなの臓活

 

関連記事

『MAQUIA』2020年10月号で「臓活茶」について掲載されました

Keyword: