冷たい手足とサヨナラ!” 腎臓ケア ”で冷え知らずに

気温も体温も一気に下がる冬

ただでさえ体調を崩しやすい冬ですが、特に冷え性の方は手や足先が氷のように冷たくなり、夜はなかなか寝付けなくなってしまったり、とにかく辛いですよね。

それだけではなく、「冷えは万病の元」と言われるように、風邪や腰痛など、様々な症状を引き起こす原因にもなります。

しかし湯船に長く浸かってみたり、寝るときに靴下を履いたり、冷え対策は万全でも思うように身体があたたまらず、半ば諦め状態…という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「冷え」の原因と効果的な改善方法について、東洋医学の観点からお話しします。

 

「冷え」の原因は意外なあの部分?!

長年悩まされてきたガンコな「冷え」。
原因は一体どこにあると思いますか?

東洋医学では、冷えの原因は腎臓にあると考えられています。

腎臓は、老廃物を尿や汗として排出することに加え、血液量や血圧を調整する役割も担っている大切な器官。

大変デリケートな器官であるため、偏った食生活やストレス、疲労などにより弱りやすいのも特徴です。

腎臓が弱ってしまうと、身体をコントロールする働きが鈍り、血の巡りが悪くなるため、身体全体に「冷え」が生じてしまうのです。

腎臓の状態はおへその下の温度を確かめると、簡単にチェックすることができます。

実際に手を当ててみて「冷たいな」と感じた方は、腎臓に元気がないために「冷え」を引き起こしてしまっているのかもしれません。

このように、「冷え」と非常に深いつながりのある腎臓。
では、ケアをするには具体的にどうしたらよいのでしょうか?

 

腎臓ケアもおまかせください!「お灸」で身体の芯から温かく!

BHYでは、腎臓ケアとして「お灸」のコースをご用意しています。
中でもおすすめしているのが、「腎臓アンチエイジング」という、腎臓強化を目的としたメニュー。

ハーブのオイルで優しくトリートメントをし、腎臓の機能回復によく効くツボへ「お灸」をすえていきます。

じんわりとしたあたたかさを感じることができ、リラックス効果のある「お灸」は、ストレスや疲労の回復も期待できます。

一度の施術であらゆる「冷え」の根本原因に働きかける「腎臓アンチエイジング」。

今まで何をしても改善されなかったと言う方も、ぜひ一度お試しください。

「腎臓ヒーリングコース」の詳細はこちら

Keyword: