リラックス効果のある「お灸」で、「くすみ」や「ストレス」とおさらば!

乾燥シーズンを迎える秋は、肌トラブルを抱えがち。

その中でも、特にこの時期に気になるのが「くすみ」です。

「くすみ」は顔の印象を暗くするだけでなく、「シミ」や「シワ」など他の肌トラブルまで目立たせてしまいます。

そんな女性の大敵「くすみ」ですが、実はとても効果的な治療法があるのはご存知ですか?

その答えはなんと・・・「お灸」!

直接肌に塗る化粧品でも、サプリメントでもないあの「お灸」が、なぜ「くすみ」に効くの・・・?

今回はそんな疑問をお持ちのあなたに、「お灸」の魅力と肌トラブルに対する効果をたっぷりとお伝えします。

 

そもそも「お灸」ってどんなもの?

普段生活をしていても、あまり触れることのない「お灸」。薬局で見かけたり、聞いたことはあるものの、実際の使い方や効能はわからない・・・という意見をよく耳にします。

 

「お灸」とは、中国で古くから親しまれてきた民間療法。

乾燥させたヨモギの葉を燃やし、皮膚の上に乗せて温めることで、身体の内側から調子を整え、冷えや腰痛、肩こりなどの改善に効果を発揮します。

「お灸」を体験したことがないと、『燃やした葉を肌に乗せるなんて、熱そうで怖い・・・』と不安になってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。心地よい温度で、お風呂につかるようなじんわりとした温かさを感じることができ、リラックス効果も期待できる”身体に優しい治療法”なのです。

 

では「お灸」がなぜ「くすみ」に効果的なのでしょうか。

実は、お灸が持つ“心地よい温かさ”にその秘訣があるのです。

 

◎「くすみ」の原因。実は目では見えないところに?!

秋から冬にかけて、多くの女性が悩む「くすみ」。

お肌が着色してしまうのは、身体が不調を訴えているサインでもあります。

というのも、お肌の調子は身体の調子と深く関係していて、中でも『肺』は、お肌と密につながっています。

肺とお肌の関係は“肺は皮膚をつかさどる”とも言われるほど!空気が乾燥する秋冬に肌トラブルが起こりやすいのも、乾燥した空気によって肺の機能が弱ってしまうからなのです。

つまり、「くすみ」などの肌トラブルの改善で最も大切なのは、「肌表面」ではなく、「身体の内側」を見つめ、根本からケアをおこなうこと。

「お灸」は身体を芯から温め、調子を整えるという、お肌の健康に最適な施術法なのです!

 

「お灸」を使った施術で、リラックスしながら『健康美』を手に入れましょう

BHYでは、お肌の調子をサポートする「お灸」を使用した施術を各種用意しています。

60分をかけてゆっくりと身体を温める『お灸コース』のほか、『五臓ヒーリングコース』では、ひとりひとりの体質や悩みに合わせた最適なメニューを組んだ上で、施術をおこないます。

じっくりと時間をかけて、直接目には見えない身体の内側の機能を、本来の状態に戻していくお手伝い。

「くすみ」以外にも、乾燥肌や、ニキビ、皮膚のかゆみなど、秋冬に抱える肌トラブル全般に効果があるのが「お灸」なのです。

その時のお肌の調子によって使い分けていますので、即効性という点でも人気の高いコースです。

身体の内部から温まる「お灸」はリラックス効果もあり、日頃のストレスを癒すのにもぴったり!

心身ともに健康になれる「お灸」を、ぜひ一度体験してみてくださいね。

お灸

 

『お灸コース(五臓ヒーリング)』の詳細はこちら

 

肌は内蔵の鏡。「たかがくすみ」と思わずに、適切な施術をおこなうことが大切です。

忙しい日々の中でも身体をいたわることを忘れず、健康で美しい肌を手に入れましょう。